2011年05月04日

タコのケア 5

タコや魚の目は過度の圧迫によって肥厚した角質です。

ということは、過度の圧迫を受けているところなら

どこにでもできてしまいます。ふらふら

足の裏にできるものだけが、タコや魚の目というわけではありません

たとえば↓

施術前
R0010197.JPG

関節の変形「ハンマートゥー」の状態の小趾です。
趾の関節が曲がった状態で固まってしまいあせあせ(飛び散る汗)

趾の上が摩擦でタコができ、角質が盛り上がった状態です。

施術後
R0010200.JPG

できてしまったタコは除去できました。

趾の変形の原因は「靴・歩き方・外側重心」などがあります。

ハンマートゥーは骨が変形している訳ではありません。

先ずは、固まった関節をほぐすことから始めましょう

・足にクリームを塗る際に趾を手を使って一本一本よく動かします。
・正しい基本姿勢を作り、踵を上げ、つま先立ち
 趾の付け根に体重をかけ、趾を広げパーの形を作ります。
 少しキープしたらゆっくり踵を下します。


ハンマートゥーが改善できれば、タコもできにくくなります。るんるん

神戸のフットケア・巻き爪矯正/トータルフットケアannon

 

ラベル:タコ 趾上 角質
posted by annon at 15:14| 兵庫 ☁| Comment(0) | タコのケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

トータルフットケアannon(アンノン)
http://footcare-annon.com/
09086553479
【完全予約制】
※男性はご紹介・女性同伴の方のみ
10:00〜19:30【最終受付】
CASH ONLY/不定休
m_05.gif
リンク集