2011年05月16日

魚の目のケア 3 小趾上

魚の目ってどうやってケアするの?グッド(上向き矢印)って思っておられる方が多いようなので
少し説明させていただきます。


たこも魚の目もどちらも角質が肥厚したものです。

タコは「」での圧迫が原因
魚の目は「」での圧迫が原因

タコは「表面に盛り上がって」肥厚
魚の目は「皮膚の中に円錐形に」肥厚

R0010191.JPG

先ずは、表面に盛り上がったタコを除去します。

その後、ドイツ製の機械を使い魚の目を除去します。
フットケア/機械・器具 278.jpg
この機械の先端に魚の目の大きさに合わせたアタッチメントを装着。

固くなっている魚の目の芯だけを削りとることが出来ます。
R0010192.JPG

機械から水がスプレーされているので、摩擦熱がなく、痛みもありません。

芯があったところは、凹んでいますが時間とともに塞がります。

固いものを削り取るという方法なので
annonにご来店の際はスピール膏などの薬剤は使わずにお越し下さい。

薬剤でふやけていると、一回で取りきれない場合がありますあせあせ(飛び散る汗)

自己処理をされる前に一度ご来店を手(パー)わーい(嬉しい顔)

神戸のフットケア・巻き爪矯正/トータルフットケアannon



ラベル:魚の目
posted by annon at 19:58| 兵庫 ☁| Comment(0) | 魚の目のケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

トータルフットケアannon(アンノン)
http://footcare-annon.com/
09086553479
【完全予約制】
※男性はご紹介・女性同伴の方のみ
10:00〜19:30【最終受付】
CASH ONLY/不定休
m_05.gif
リンク集