2011年05月31日

爪のケア6 爪溝下鶏眼

いつもではないけれど…時々痛い親趾の爪の辺り…これって巻き爪?

なんて思ったことないですか?

巻き爪だから必ず痛みが出るわけではありませんし、痛みがあるから必ず巻き爪という訳でもありません。

痛みの原因はいろいろ考えられますが、一番多いのが「魚の目」です。

爪の生え癖、切り方、靴の圧迫などにより出来る「爪周辺に出来たたこや、魚の目」

R0010486.JPG
施術前

本当に魚の目はどこにでも出来る厄介者です…

annonでは、爪の形を整え、硬くなったタコや魚の目だけをドイツの最新機器を使い削り取ります。

R0010488.JPG
施術後

爪の溝の硬く白いところを削り取った状態です。

R0010490.JPG
反対の足の親趾の施術後

こちらは魚の目削り取った跡が凹んでいます。

これで、施術前にあった爪の痛みが取れました。

爪が痛いからといって、巻き爪→矯正というわけではありません。

もちろん、巻き爪だから溝が硬くなるという方もいらっしゃいます。

その場合は、巻き爪矯正をおすすめいたします。


先ずは、ご相談ください。


神戸の巻き爪矯正・フットケア専門店/トータルフットケアannon
ラベル: 魚の目
posted by annon at 18:14| 兵庫 ☁| Comment(0) | 爪のケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

トータルフットケアannon(アンノン)
http://footcare-annon.com/
09086553479
【完全予約制】
※男性はご紹介・女性同伴の方のみ
10:00〜19:30【最終受付】
CASH ONLY/不定休
m_05.gif
リンク集