2011年08月02日

爪のケア14 重度の肥厚爪

ブログの記事「涙のannon」に登場したおばあ様

最大の悩みは自己処理できなくなった足の爪。
(後半で写真を公開いたします。)

ご年配になると足の爪を切るのに一苦労です。

◆老眼で細かいところまで見えにくい
◆体型の問題や、体が固くなり爪を切るための体勢が出来ない
◆握力の低下で爪切りが握りきれない。
など
…若年層にはない問題により自己処理が困難になってきます。

その上、爪白癬(爪水虫)によ肥厚していると爪切りでは挟めなくなります。

ご本人が難しいとなると、ご家族の方が爪を切って差し上げる必要があります。

爪白癬で長期的に肥厚爪になっていると、爪の中に神経や血管が入り込むことがあります。

お孫さんが爪を切っていらっしゃたのですが、一度血管に触れ出血があり
それ以来怖くなって爪を切れなくなってしまい、放置。
肥厚がどんどん悪化し、爪切りが入らなくなってしまったそうです。

その状態が↓
10629.jpg

10628.jpg

特に右足は爪が反り返り2趾の上に爪がくい込みかけていました。

これにはお孫さんもびっくり。

おばあ様もこの爪のために靴下を履くのも困難なので、緩めの靴下ばかり履いていたそうです。
靴も緩めの靴ばかりになってしまいます。
歩きづらくもなるので更に歩かなくなってしまいます。


ご高齢でいらっしゃるので歩くことも減っているそうですが…
布団などが引っかかったりして痛い思いや、煩わしい思いをされていたと思います。


ケア後↓
10633.jpg

10634.jpg

やはり、何本か血管が入り込んでいる爪がありました。
その部分は血管に触れないよう気を付けながら、できる限り削らせていただきました。

削る際、痛みもなく気持ちよかったとおっしゃっていただけました。

肥厚爪は菌の温床になりやすく、皮膚科で治療するにしても薬効が浸透しにくいので
可能な限り余分な部分を排除します。

重度の肥厚爪を削る利点は…
◆治療が進めやすくなる
◆趾先に力を入れることが出来る
◆引っかかることがなくなる
◆臭いが軽減
など…

ご両親、祖父母の足の爪をcheckしてみてください。
肥厚したまま放置されていませんか?

WEB特典あり(初回のみ)↓
神戸の巻き爪矯正・トータルフットケアannon

ご予約は【090-8655-3479】まで
営業時間【10:00〜19:30(最終受付)】


予約状況
8月3日(水)11:30〜17:00まで空きあり。
8月4日(木)終日お休みいただきます。
8月5日(金)10:00〜15:30まで空きあり。
8月6日(土)12:00〜60分空きあり。
8月7日(日)10:00〜90分空きあり。
8月8日(月)10:00〜2時間、15:30〜空きあり。
8月9日(火)10:00〜2時間、17:30〜空きあり。
8月10日(水)終日お休みいただきます。
8月11日(木)13:30〜空きあり。
8月12日(金)空いています。
8月13日(土)10:00〜17:30まで空きあり。
8月14日(日)10:00〜16:00まで空きあり。
8月15日、16日終日お休みいただきます。

posted by annon at 21:09| 兵庫 ☁| Comment(1) | 爪のケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神業ですね・・・すばらしい!!
きっと喜ばれたでしょうね。
Posted by ポン at 2011年08月23日 16:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

トータルフットケアannon(アンノン)
http://footcare-annon.com/
09086553479
【完全予約制】
※男性はご紹介・女性同伴の方のみ
10:00〜19:30【最終受付】
CASH ONLY/不定休
m_05.gif
リンク集